Home > おでかけ | 想い > 大山路面情報提供システム、作りました!

大山路面情報提供システム、作りました!

さて、スキーシーズン到来です。

スキー場へ行くまでの道でスタッドレスで行けるのか、チェーンが必要なのか悩むところ。

チェーンが必要なのにスタッドレスで上がってしまって、チェーンを装着しようにも脱着場が無い。

そこで立ち往生することで、後続車が全部登れなくなってせっかくのスキーが台なし、ということも結構あります。

山の天気は変化しやすいので、天気予報的なものも当てにならず、現場で路面チェックが一番確実です。

人とお金をかければいくらでもリアルタイムで情報提供は可能ですが、このご時世、そのためにお金をかける、ということも難しいようです。

ということで、米子市の地域未来さんと共同で「大山路面情報提供システム」作りました。

http://pato-kun.noomise.com/

凍結しやすいエリアや、そこを通過して「凍結してた!」とお知らせできるエリアには電気もネットも使えませんので、ここは利用者の良心に頼っています。

駐車場に到着して、用意してあるQRコードを利用して凍結していたかどうかを送信すると、

凍結エリア手前の路肩にあるパトランプが点灯する仕組み。

イタズラや誤送信防止の仕組みも実装しておりますが、結構シンプルなものです。

システムと言うより、協力者の良心がキモなのです・・・

QRコードから情報提供いただいた方にはもれなくリスト券やコーヒーサービス券などの特典メールが送信されてきます。

大山のスキー場をご利用の際には、是非ご協力お願いいたします。

daisen001

設置場所。森の国の路肩にパトランプを設置させていただきました。

daisen002

今回のプロジェクトは、鳥取大学ロボット研究会との共同開発です。
右側がロボ研の影山くん。パトランプ制御が彼の担当でネットワーク系が私。
ロボ研、楽しそうだなぁ。参加したい。

daisen003

山陰中央新報さんにも記事にして頂きました。

あと、今回凍結情報をTwitterでお知らせするボットも作りました。情報そのものが人海戦術的に微妙なので、情報送信自体は現在様子見です。後日稼働開始するかも

https://twitter.com/#!/qr_w

今回の件でセンサで駆動するTwitterボットの作り方がわかりましたので、これ、なんか応用してつくってみようかなと。
何かご要望がありましたら御連絡下さいませ。

関連記事

Home > おでかけ | 想い > 大山路面情報提供システム、作りました!

Calendar
« 2020 年 7 月 »
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の投稿
カテゴリー

Return to page top